発達途上日記

QOLを上げていきたいです

黒歴史

先ほど書いた通り、自分は「不注意」な人間だと痛感する

 

もともとこのブログを書き始めたのは

自分が「病名がはっきりつくわけではない発達障害」だということが

昨年46歳でわかって、

薬が必要なほど、ずれているわけでもなく、

(担当医の先生は「今までやってこれたんだから

           高額な薬を飲んで生活するのはお勧めできない」と言われた)

かといっても、やっぱり自分は変わりものなのだ

だから、なんとか「普通」に近づきたいのだと思い

改善する様子を書こうと思ったのだが…うう…

 

昔はよくいろんなところにぶつかっていたし

友達とかけっこをしていて

工事現場の立ち入り禁止のハードルみたいな囲いを飛び越え

生コンの中にズブズブ沈みかける(小2)

共通一次(時代が…)の模試でものすごく高得点をとって

喜び勇んで走って消火栓に激突。軽く飛翔して顔を負傷(高3)

 

…アホとしか言いようがない

興奮すると前が見えないのが

8歳から18歳まで全く治ってない…

 

で、自分は子供のころから片付けが全くできない

自分は「ADHD」なのかもしれないと思っていたが

病院に行った結果は「特定不能の広汎性発達障害」らしい

 

心理士の先生は私にいろいろ質問してきたが

内容としては「アスペルガー」の特徴を確認してきた

(いろいろ本を読み漁っていたので意図はわかった)

自分で全く予想していなかったのでちょっとショックだった

なんとなくアスペルガーの方がもっと「ヤバイ」感があった

まあ、実際はどっちであれ世の中泳いで行きづらいんだが

 

発達障害はうまく言いづらいが

「濃淡」みたいな感じがあるみたいなので

私は「薄め」なんだと思う。

でもやっぱり鞄をビシャビシャにしてしまうという…

蓋やファスナーも開いているのに気付かない

 

他にも弊害はいっぱいある

っていうか自分だけがそうなのか、と

発達障害がわかってから気付いた

 

基本的に他人にあまり興味がない

でもクラスで一人で過ごすのは嫌

みんながカッコイイという英語の先生が

誰だっけ…と思いつつ周囲には言えなかった自分

(そこで素直に自分の感想を言うと

女子界からはじかれやすいのは経験上わかっている)

 

高校時代クラスになじめずに

宿泊研修の夜にクラスの女子が部屋の外に出かけていて

当然(泣)部屋に一人いた私

後ほど、外出がばれてクラスの女子が正座させられて怒られていて

自分はどうすりゃいいのか…と思い

一緒に正座していたら、

クラスメートに「〇〇さん(私)は一緒にいなかったんだから

                      叱らないでください」と言われ

(彼女は多分私が巻き込まれているのは悪いと思ったのだろう

                    いじめのつもりなら高度すぎるぜ…)

逆方向で心はズタズタよ…女子は怖い。

 

なんだか障害なんだかわけわかんない話になってしまった…

今日「発達障害を仕事に活かす」という本を買ってきたので

読んでみて、頑張るよ。

仕事が全然できないわけじゃない(と思いたいが)

どうせなら人の役には立ちたいしね