読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達途上日記

QOLを上げていきたいです

部屋の不要物を片付ける

昨日から部屋の掃除を本格的にはじめている

何回も本格的に始めていたが、いつも途中でできなくなってしまう

 

発達障害の影響なのかもしれないが

結局、それをいっていたらどうしようもない

自分でコントロールできることは自分でコントロールするしかない

自分は「障害」を隠れ蓑にして怠けているだけだと自分を戒める

とにかく私はもっと快適に過ごしたいのだ

家に帰るとものだらけで床には足の踏み場もないのだ

 

今日は資源ごみの日なので

昨日から準備をしていた。

近所のうるさいおばさんに見つかると

ゴミを詮索されるのでそれもいやだから

誰もいないうちにゴミを捨てようと思っていたのだ

 

明かなゴミが部屋に散乱している

ゴミ入れは物陰にあってすぐ届かない場所に…

(それがまず片付かない理由なのだ)

それと食べかけ、飲みかけのもの

全部飲めばいいものを何か気が散ってしまうのか

 

部屋の入り口に大量の缶入りトクホの緑茶の箱がある

クーポンがあって安く大量買いしたのだ

結局半額以下で安売りするものというのは

なにか理由があるから安くなるのだ

そのお茶は賞味期限間近で、しかも苦くて飲みづらかった

結局48本購入したうち、十数本飲んでギブアップしていた

昨日、すべて中身を処分した。

今朝その箱と空き缶をすべてゴミ捨て場にもっていった

 

そういう変なものがあるとその周辺にゴミがたまる

割れ窓理論」を自分で実践しているのだ。ひどい。

大物を処分すると俄然やる気が出てくる

ゴミ袋を大量に用意してとにかく捨てまくる

 

ゴミ掃除のBGMはyoutubeにあがっている

ゴミ屋敷を掃除している映像だ。

ゴミ屋敷の依頼者はいろいろなパターンがいるようだ

生活疲れで掃除ができないとか、

戦後のキツイ時代を生きてきたご年配が物を捨てられず、

いろいろため込んで始末に負えなくなってしまったとか

これは多分発達障害の人かも?という人もやはりいた。