読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達途上日記

QOLを上げていきたいです

結局、発達障害って

世間では発達障害の情報が氾濫しているが

その中でもよく取り上げられるのが

発達障害の著名人」

診断がついていて、自分で公開している人

栗原類・漫画家のさかもと未明など)や

過去の言動から「そうではないか」と思われている人物

スティーブ・ジョブズとかエジソンとか偉人レベルの人が多い)

これって周囲の勝手な思い込みなんじゃね?と思う人物

(あまりいいことではないので具体名はなし)

特に犯罪者はそう言われがちで

自分が発達障害なのを会社に伝えるのは躊躇した

 

しかし軽度の発達障害の人間は

気付かれてないだけで絶対いっぱいいるはずだと思う

自分も46歳でわかったわけで、それまでは普通だった

今の会社の業務でめちゃくちゃ苦手なことにあたって

初めて「問題」に直面したのだ

「性格悪い」「頭がおかしい」「なんでできないの」

こんなきつい言葉を言われ続けて落ち込んでばかりであった

私が「店長」でなければこんなことを言われることはなかったのではないか

 

環境と自分がマッチしないと発覚する障害って

結局障害ともいえないような気がする

気付かずそのまま一生を終える人だっているはずだ

「おじいちゃん無口な人だったよね」

「おばさんは片付けが全くできなかったよね」

みたいに葬儀の席でほっこりするエピソードで語られるだけで

終了というケースもあるのではないのか